ロゴ.png

ドローンやスマートウォッチ、ドライブレコーダーなどを中心に
家電製品、生活雑貨で自分が気になった
いいものをいろいろ紹介していきます

 
Amazon
楽天
Amazon
Amazon

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村
Amazon
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Diggro DI05 スマートウォッチ MTK6580 1.3GHZクアッドコア 512MB /8GB 3G WiFi GPS NANO SIMカード 通話 心拍計 歩数計 天気

本日おすすめする製品はこちら

 

「Diggro DI05 スマートウォッチ」

 

Diggro DI05 スマートウォッチ

 

GV68、DI03、DI06、DI07ときてDI05にも手を出してみました。

 

 


ット内容


 

1×Diggro DI05スマートウォッチ
1×USB充電ケーブル
1 x多言語ユーザーマニュアル(日本語含む)
1×スクリュードライバー
1×充電座
4×予備スクリュー

 

Diggro DI05 スマートウォッチ

 


DI05はsimフリータイプで単体で使用することができるタイプです。
安価なものだとスマホとの連動が必須ですが、DI05はsimもしくはwifi環境があれば

制限はありますがスマホと同じような使い方ができます。

 


まず一番気に入ったのはDI05のデザインです。
インターフェイスの液晶デザインがいいですね。
シルバーを頼んだのですが写真にあるイメージ以上でした。

画面が動くのでみていてあきないですね。
さらに画面は追加でダウンロード、変更ができるので気分に合わせて変えることができます。

 

横から見ると結構厚みがあります。

背面には、心拍モニターセンサーとスピーカーがあります。

スマートウォッチへの充電は専用の充電ドッグがついているのでそれで行います。

ドッグには磁石がついており磁力でつけて固定するようになっています

 

液晶用の保護フィルムもついています。

 

充電用のドッグはマイクロUSBケーブルがついているので差し込んで使います。

 

説明書は日本語もあるのでわかりやすいです。

 

 

 

Diggro DI05 スマートウォッチ

 

DI05のsimカードの挿入は裏面のパネルをはずします。
ドライバーが付属しているので4本四隅のねじをはずせば蓋がはずれます。
simカードのサイズはナノサイズです。

小さい金具をスライドさせて開けてから設置する感じです。

 


まとめ


 

DI05はタイムゾーンの選択がデフォルトだと選択できませんが

同じページのチェックをはずして手動でするようにすると変更できます。
バッテリーのもちに関してはまあ小型だしこんなものかなと思っています。
満充電からwifiなどを切り、一日何もしないで置いて、40%、二日目で18%でした。
使用するともっと早いと思います。
自分はモバイルバッテリーなど持ち歩くのであまり気になりません。
一つ写真と違うところがあるとすれば、バンドです。
バンドの革はまあいいのですが、公式の写真のようには広がりません。
根元の部分は、ほぼ時計に対して下を向いているので輪の状態に近いです。

DI05には、基本的な操作はボタンが一つしかないので押すか、長押しくらいの操作になります。
できれば戻るボタンが欲しかったですね。
カメラなどがついていればなおいいなと思いましたが一万以下でこの出来ならいいんじゃないでしょうか。
他にも機能はたくさんありますがこれから使い倒していこうと思います。

 

同社が出している、GV68DI03DI05DI06DI07の記事もあわせてご覧ください。

 

 



コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://iroiroreview.net/trackback/48
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.